Youtube「童謡ニッポン」|うめ吉「花嫁人形」「十五夜お月さん」

Youtube「童謡ニッポン」チャンネル

Singing:歌う! 俗曲師:桧山うめ吉

寄席で大人気の俗曲師(ぞっきょくし)、うめ吉さんから童謡のビデオが届きました。

うめ吉さんは、岡山県倉敷市出身。
日本の伝統芸能である端唄、小唄から、シャンソンまで歌いこなします。

うめ吉さんの活動範囲は、寄席だけでなくヨーロッパ各国など海外へも広がり、日本髪を結い、三味線を弾き歌う姿が、海外の方に好評を得ています。

童謡・唱歌を歌ったCDもリリースされています。

俗曲師とは

さて、俗曲師って何をする人でしょう?
俗曲師とは、三味線を弾きながら、しゃべりと端唄・小唄などの唄と踊りを披露する人。

寄席の落語は面白いけれど、さすがに長時間ずっとは疲れてしまいます。何しろ見た目は、舞台の上に人が座っているだけで地味ですから。それで、達者な曲芸師や手品、音曲(おんぎょく)などを挟むことで、気分を変えてもらう。そうすると、また落語が楽しめます。

寄席では、芸事は「色物」と呼ばれます。

寄席の入口などにある木札の番組表は通常、落語の出演者は黒文字で書かれています。そして、合間に芸事でお客様を楽しませる出演者は赤字で示されています。この赤字が「色物」の所以です。

テレビに出てくる変わった芸人さんを「いろもの」という事もありますが、語源は、この「色物」の寄席からです。

古き日本の伝統を今に伝える歌い手が歌う童謡

「花嫁人形」
作詞:蕗谷 虹児
作曲:杉山 長谷夫

「十五夜お月さん」
作詞:野口 雨情
作曲:本居 長世

うめ吉さんのスケジュールはこちらへ。

うめ吉さん、ありがとうございました!